山形県交通安全協会

山形県交通安全協会は、交通秩序の確立と交通安全の実現に寄与することを目的に設立された団体です。
協会のボランティアの皆さんが、交通事故のない安全で安心な地域づくりのため、「あなたと家族の命をまもる交通安全活動に参加しよう運動 (命をまもる運動)」を各地域で推進しております。 地域の交通安全活動は、皆様の善意ある会費で支えられております。交通安全活動にご支援とご協力をお願いいたします。

インフォメーション

   ★2019年 交通安全年間スローガン★

     ★ 運転者(同乗者を含む)へ呼びかけるもの

       チャイルドシート ちいさなVIPの 指定席

     ★ 歩行者・自転車利用者へ呼びかけるもの

       危険だよ スマホに夢中の そこの君

     ★ こども部門

       とび出さない いったんとまって みぎひだり 

    運転者も歩行者も交通ルールを守りましょう!

 ◎歩行者を守ろう! 「~歩行者に 日本一 やさしい山形県~」

  ・横断者は、車が来る方を見て手を挙げて運転者に合図

  ・運転者は、一時停止後、手で横断を促そう

  ※JAF「信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査2018年」

   山形県の一時停止率はわずか7.6%、全国平均8.6%より下回る

   【参考資料①】  【参考資料②】

 ◎早朝、夕方夜間は夜光反射材を付けましょう!運転者は早めのライト点灯、ハイビームを積極的

   に活用しましょう!

 ◎冬道の安全運転5則を守りましょう!

  ・スピードは、夏場より10キロ以上減速する

  ・車間距離は、路面乾燥時の2倍以上とする

  ・急加速、急ブレーキ、急ハンドル等の急激な操作をさける

  ・視界不良時は、前方をよく見て早めに徐行する

  ・危険がいっぱい。追い越しはしない

 

◎平成31年度 交通安全県民運動期間決定(『お知らせ』をご覧ください)

◎第59回交通安全国民運動中央大会で交通栄誉章等を受賞(『お知らせ』をご覧ください)

◎2019年度各種競技大会の予定日について(『お知らせ』をご覧ください)

 

※※※※※※※※※※

◎「交通事故入院見舞金制度」を開始しました!

 会員になられた皆さんが、自動車(四輪自動車、自動二輪車等)を運転又は同乗中(バス、タクシー、その他送迎用自動車の乗客である場合を除く。)若しくは原動機付自転車を運転中の交通事故による負傷で、20日以上継続して入院された場合に、お見舞い金をお支払いする制度です。平成30年6月1日以降に加入された会員の方が対象となります。詳しくは【交通事故入院見舞金制度】を検索してください。

 なお、同5月31日までに加入された会員の方につきましては、従前のシートベルト保険が会員資格有効期限まで適用となります。

お知らせ
お知らせ一覧

交通事故発生情報
交通事故発生情報一覧


会員証をお持ちの方に
サービスいたします

ハンドルキーパー
NO DRUGS

Copyright (C) 山形県交通安全協会.All Rights Reserved.