山形県交通安全協会 » 交通安全協会について

交通安全協会について

交通安全協会について

交通安全協会の目的と事業

交通安全協会は、人命尊重を基本理念として
悲惨な交通事故を防止し、安全で快適な交通社会の実現をめざし
地域のみなさんと一緒に交通安全活動を推進しております。

定款 第4条(目的) 第5条(事業)

皆さまからの交通 安全協会費は主にこのように使われております。

交通安全協会は、皆さま運転者の会として、悲惨な交通事故を防止するため、
各種の交通安全対策を調査研究し、次の活動をすすめております。

交通事故防止活動

◎交通安全広報啓発活動の推進
街頭指導・広報車・テレビ・ラジオ・新聞等のほか、立看板・旗・チラシ・ポスター等による広報を行っております。

◎各種交通安全運動の推進
春・秋の全国交通安全運動のほか、県独自の夏期・冬の交通 安全運動や事故多発時の緊急交通安全運動を行っております

◎交通安全教育の実施
幼児からお年寄りまでの、各階層を対象とした正しい歩き方や自転車の乗り方のほか、女性・青年ドライバー・二輪ライダー対象の参加・体験・実践型の交通 安全教育や各種交通安全教育を行っております。

◎交通弱者の保護活動の実施
街頭指導により学童や、高齢者の保護誘導活動を行っております。
県内全老人クラブを対象とした交通安全教室を行っております。

◎各種大会の開催
交通安全県民大会・子供自転車山形県大会・山形県二輪車安全運転大会を開催し、自転車・二輪車の全国大会へ選手を派遣しております。

◎交通安全施設の整備
子供の飛び出し防止のため黄色のストラップラインや、交通事故危険個所への赤色灯・カーブミラーの設置を行っております。

優良運転者・交通功労者の表彰

◎交通功労者・優良運転者・優良団体等の各種表彰の実施交通安全に功労があった個人や団体に、中央・管区・県・各地区協会等各種表彰を行っております。

その他

◎更新情報の提供
委託業務と併せ、運転免許更新に必要な各種情報を更新者にお知らせしております。

◎交通災害者に対する見舞い金制度の実施
交通安全街頭指導等で不慮の災害を被った者に対して見舞い金を贈っております。

会員証をお持ちの方に
サービスいたします

ハンドルキーパー
NO DRUGS

Copyright (C) 山形県交通安全協会.All Rights Reserved.