山形県交通安全協会 » ハンドルキーパー運動とは?

ハンドルキーパー運動とは?


◎ハンドルキーパー運動とは、「自動車で仲間や知人と飲食店などへ行く場合、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人が自動車の運転をして仲間などを送り届ける。」というもので、「乗るなら飲むな、飲むなら乗るな」を実践する、飲酒した人にハンドルを握らせないという運動です。


お酒等を提供されるお店の方へ

①お客様が、自動車で来られたかどうかご確認ください
②お客様が帰られる際、どなたが運転されるのかご確認ください
③運転される方(ハンドルキーパー)には、お酒類を提供しないでください
④運転される方(ハンドルキーパー)に、目印となる何かをお渡ししたり、席においてください
⑤お客様が運転代行等を依頼された場合は、それが確認できるまで、お車のキーをお預かりください



ハンドルキーパー運動グッズは全日本交通安全協会
【HP:http://www.jtsa.or.jp/about/handle.html】
でお取り扱いしております。

会員証をお持ちの方に
サービスいたします

ハンドルキーパー
NO DRUGS

Copyright (C) 山形県交通安全協会.All Rights Reserved.